Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

キレカワの美形女スパイを素っ裸にして拘束くすぐり拷問が萌えw

くすぐり耐性がないキレカワの女スパイをとっ捕まえて、パワーラックに拘束してくすぐり拷問ww
最初は強気の女スパイも、巧みで執拗なくすぐりにはたまらず笑い声をあげてのたうち、意味不明な言葉を発して悶絶!
ああ、萌えるわぁ~~ww

女スパイ拷問 上半身くすぐりの刑1

管理人の感想

4人のキレカワ女スパイがとっ捕まってくすぐり拷問の餌食になる本作品。
4人とも同じシチュエーションでくすぐり責められるのだが、責め方が同じ分だけ、それぞれに反応が違って興味深い仕上がり。

拘束は、全裸で座りポジション。
個人的にはX字架の立ち拘束の方が萌えるが、これはこれで座ってるから、足じゃなくてお尻で体を支えるかたちなんだな。
そうすると腰から上、つまり上半身を動かし難いので、本作品のコンセプトである「上半身くすぐり」にはもってこいの拘束なんだということに後から気付いたww

とにかく上半身だけ執拗に攻め続けるんだけど、この姿勢だとほんと女はされるがままで逃げられないところがツボ。
全身のくすぐりを期待した人には物足りないだろうが、そういう部分はまた他の作品に譲るとして、タイトル通り上半身のくすぐりという観点だったら絶品かもしれない。

登場するのは前述の通り4人だが、4人が4人とも敏感でくすぐりに弱いのでハズレ無し。特に、2人目と3人目は、リアクションが抜群です、ハイ。

中でも3人目は可愛くてロリっぽい顔がやけに萌えるww
個人的にはこの子が一番好き♪

とにかく、くすぐりにはめっぽう弱く、開始早々「あははっ!やめっ、てっ!!」「いやっいやぁ!!」「あぇん、あぁあ。んあぁぁぁあっ!」なんて意味不明な言葉を連発するのだが、この声がまた可愛い声で、そこがまた萌えるんだなww
監督もそのリアクションに萌えたのかは知らないが(笑)、2人目の時よりもだいぶくすぐり責めが多彩な気がした。特に腋の集中責めとかねww

一人一人の収録時間は短い気もしたが、その分密度は濃いので、満足感は高い。
上半身のくすぐりだったら、こいつは間違いなくおススメの作品といえるだろう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑