Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

生徒会長の篠めぐみを拉致って全身くすぐり体罰を与えた一部始終w

可愛い生徒会長の篠めぐみが、ひょんなことから教師に弱みを握られ、拉致されて全身くすぐり体罰を受ける一部始終ww

激しいくすぐりに笑いと快感が入り交じり、最後は我を忘れて感じまくり、イラマチオから挿入まで何でもありの99分。

全身くすぐり体罰 篠めぐみ

  • タイトル:全身くすぐり体罰 篠めぐみ
  • 主  演:篠めぐみ
  • 監  督:ビーバップ・みのる
  • メーカー:ドグマ
  • レーベル:ドグマ
  • 解 像 度:800×450pixel
  • 再生時間:98分57秒

管理人の感想

先にバラしちゃうと、本作品は、くすぐりなんだけど、くすぐりフェチじゃない人も楽しめる構成になっています。
裏を返せば、どっちつかずとも言えるということ。

いえね、くすぐりが中途半端とは言ってないんです。
足裏を見せるように拘束したり、完全に動けないように拘束してくすぐったりと、そういうツボは押さえています。

そしてくすぐり自体もけっこういい感じでそこそこハードにやってるし、篠めぐみちゃんは可愛いし反応もいいので、そういう意味では特に不満もないんです。

ただ、冒頭にも書いたように、くすぐりにそんなに興味がない人が見ても飽きないようにという配慮なのか、要所要所にイラマチオシーンが入っているのですが、それがくすぐりの盛り上がりを邪魔してるというか、テンポを乱している気がするんですよね。

また、最後にスク水で挿入されるんですが、スク水のアソコの部分に挿入できるように予め穴が開いてたりするのも、逆に興ざめしたりはしました。
っていうか、くすぐりメインに鑑賞するなら、イラマも挿入シーンも逆になくてもかまわないんです。

思うに、この監督、くすぐりファンではないのかも?
だって、くすぐりならくすぐりに徹して作ってこそ、ファンにとっては見応えが増すということくらい知っているでしょうからね。

くすぐりメインじゃない人にも見て欲しいということでこういう構成になったんでしょうけど、せっかく良い女優さんを使ってるだけに、そこんとこがどうしても惜しまれます。

じゃぁ、けなしてるばかりでつまらないのか?といえば、実は、必ずしもそうではありません。

ストーリーというほどのものではありませんが、一応、主演の篠めぐみちゃんは女子高生で、しかも生徒会長という設定になってます。
その生徒会長の弱みを握った教師三人が、篠めぐみちゃんを拉致って拘束してくすぐってハメちゃうという展開(笑)

たしかにこの子、ロり顔だし、可愛い微乳が幼ささえ感じさせる体つきなので、JKと言われてもそれほど違和感は感じません。
そんな子がハードに責めまくられて、オッパイが出ちゃっても恥ずかしがってる余裕もないくらいに大笑いして悶えたり、眉をしかめて「やめて~っ、お願い!」なんて懇願したりする様は見ていて萌えます。

くすぐったいのか、感じているのか、笑いと快感と苦しみを行き来してるような反応を見ているだけでもかなり興奮しますので、決して出来が悪い作品ということではないんです。

事実、各種レビューを見てみると、満足度は高いので、出来自体はいいのだと思います。
実際、十分に興奮させてくれるし、抜きどころにも困りません。(これは趣味により、というか、くすぐり派か否かで抜きどころは違うでしょうが…笑)
ただ、私と同じような感想を持つ人もいるようで、くすぐりならくすぐりに徹すれば更にずっと良い作品になったようには思います。

総評としては、個人的に女優が気に入っての「良し」としますが、構成に一考の余地はあったかな?という思いは否めません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑