Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

女同士が本気でレズくすぐり合いをやった一部始終に萌えたww

女の子同士が先攻後攻を決めて、3つのシチュエーションでくすぐり合う本作品。
くすぐり師による拘束ものとは違い、レズ要素を取り入れた本気のくすぐり合いが見ものです。
くすぐりバトルに挑戦したのは咲羽優衣香ちゃんと倉科もえちゃん。

くすぐりレズ 笑天デスマッチ 咲羽優衣香 倉科もえ

管理人の感想

本作品は女の子同士がお互いくすぐり合うという趣向の作品。
くすぐりは一応ツボを押さえておりますので、特に不満もないのですが、いつもご紹介しているものとやはり一線を画します。
カテゴリーもくすぐりというよりレズカテゴリーに近いような。

でも、女の子同士がマジでくすぐり合うというのも、たまに見ると新鮮でよいものです♪
いつももっとハードなものばかり鑑賞しておりますので、これはこれで素直に萌えました(笑)

ということで、くすぐりフェチを離れて、一人の男としてレズのエロ動画を鑑賞するみたいに立場を変えて見てみると色んな発見もあります。

たとえば、レズのキスシーンはけっこう濃厚だな… とか思うわけです。
唾液の量がハンパないし、舌を吸い合って、長時間濃厚なキスが交わされたりするんですね。

また、そういう中で行われるくすぐりは、日頃の感覚とは少々違い、これまた新たな感動が(笑)

くすぐり自体は「拘束ベッドレズくすぐり」「拘束椅子レズくすぐり」」「顔面騎乗しながらの窒息顔騎レズくすぐり」の3パターンが、女の子同士で先攻後攻を決めて行われます。
つまり、それぞれのシチュエーションにおいて「攻め手」と「受け手」を変えて計6パターン楽しめるわけです。

これはこれでよかったです。
いつも見ているものとはちょっと抜きどころが違いますが、いわゆるエロ動画に大好きなくすぐりが組み合わさっていて、そのくすぐりが想像以上に良かった… みたいな印象。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑