Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

もう逃げられない!?拘束くすぐり地獄にはまった素人美女の悶絶

「拘束くすぐり 素人編」ってタイトルの、このくすぐり動画。
率直に言って「素人」ってキャッチが必要なのかは不明ながら、くすぐりは、超絶ねちっこく、女優のクオリティーも総じて高くてなかなか萌える作品ですww
くすぐりフェチのツボを押さえた秀逸な出来には大満足!

拘束くすぐり 素人編

  • タイトル:拘束くすぐり 素人編
  • メーカー:ラハイナ東海
  • レーベル:ラハイナ東海
  • 解 像 度:864×480pixel
  • 再生時間:72分03秒

管理人の感想

女優は総勢8名、全員素人という設定ですが、素人かどうかはこの際どうでもいいでしょう。
要は、くすぐりの質が肝心で、そういう意味では見どころ満載のこの動画、女優もみなキレイだったり可愛かったりするので、そんな子が拘束されてくすぐられておかしくなる様は見応えがありますwww

なにしろ、動画の説明に「絶対逃げられないくすぐり地獄にはまった素人女子たち」とあるように、拘束されて逃げられないシチュエーションはもう最高!
耳・首・脇・脇腹・股間節・脚・足裏オール責め!!「やめて!」と言われても絶対止めない鬼畜くすぐりマンが、女の羞恥心を消し去るほどの悶絶くすぐりってなもんですから、これはマジで興奮します!

ただ、収録時間が72分に対して、登場する女優が8人なので、一人あたりの収録時間が短いのがやや残念な気はしましたね。
この8人の中で、かなりイケてる映像があるのですが、そういうのをもっと長く見せてくれたらさらに良かった^^

とは言え、全体的に秀逸なことに変わりはありまっせん。
せっかくなので、一人ずつちょこっとずつご紹介しましょう。

まず1人目。
この子は美形です。スタイルも良く美脚って感じで「脚フェチ」の人も思わずうなるレベル。

そんな彼女は、鉄棒に両手のみ固定された立ち拘束で、まずは太ももからww

「ちょっ、ちょっと!!」とかいいながら激しく足踏みするいきなりの激しい反応が見てて小気味いい。
くすぐられるために生まれてきたのか?ってしか思えないめっちゃ反応のいい美人さんでした。

続いて2人目。
この子も悪くありません。
途中から服をまくられて露わになった下着や、下腹部がなかなかセクシーですww

続いて3人目。
この子はベッドに大の字拘束。
「なんではずれないのーっ」とかいいながら、拘束を解こうとしてもがくシーンからスタートです。

「さわんないでよっ!」とか言うわりに、腋の下をおもむろにいじられると、キャハハッなんて高い声で大騒ぎww
執拗な脇の下攻撃に続き下半身もターゲットにされるんですが、まぁ、全身激しく弱くてくすぐりフェチには最高の素材。

続いて4人目。
今度は長身のスレンダーな彼女、顔が可愛いのが好印象!

鉄棒に両手両足拘束されて、「とれない…」とか言いながらガチャガチャやってるところからスタート。
服の上から軽くくすぐられると「ちょっとやだ、やだやだやだっ」なんて言いながらそれほど嫌がってるそぶりもなくて、なかなかの笑い顔が可愛いし、リアクションも萌えますww
こんな子、リアルでくすぐりたいって思うは私だけでしょうか…?

さてさて、全部ご紹介したいけどネタバレになっちゃうから(いやいやここまでだって、肝心な見どころは言ってないけどww)、少しすっ飛ばして、最大の見どころ「8人目」を少々ご紹介して終わりにしましょう。

で、その8人目の内容を一言で表現するとですね…

激弱敏感関西弁キレカワ女をねちっこく苛烈にくすぐりいじめたおしてみたww

って、こんな感じです。

それで、何がいいかって言うと、くすぐられて口走る関西弁、これがホンマに萌えるんですゎww

「あかんあかん」「いややいやや」を連発、「ほんなまにたすけて」「あかん、ほんまにいや、がまんできない」「こそばいこそばい!!」と絶叫ww

もうほんとに逃げ出しそうな弱い女に、更にローション塗って、地獄のくすぐり責めが止まりません。
もがき苦しむ彼女が可哀想すぎて、これがまた萌えるんです!

おまけに牛乳を口に含ませてどれだけ我慢できるか?なんてこともやられるんだけど、こんだけ激弱な女にそれは無理ってもの。
やっぱりと言うか、10秒もたずに吐き出す始末。

これはこれで超見ものなんだけど、そろそろちょっと可哀そうになってきて… やっぱりそこが萌えるww
最後の頃はもうとにかく一刻も早く終わればいいのにって泣きそうな顔が… また萌えるww

実に大当たりの逸品でした(^O^)

これは見といた方がいいですww
まず後悔なしのくすぐりの名作でしょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑