Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

女の子5人によるくすぐり合戦wwくすぐりファイト倶楽部Vol.1

若い女の子5人によるくすぐり合戦!?拘束されて身動きの取れない女の子を、よってたかって悶絶するまでくすぐります。
男が登場すると萎える人向き。なぜなら、登場するのは5人の女の子のみで、男は出てこないからです。
くすぐり合って快感にうっとりする表情や、いたずらを仕掛けるときのキラッとする瞳など、十分にお楽しみくださいねww

くすぐり・ファイト倶楽部 Vol.1

  • タイトル:くすぐり・ファイト倶楽部 Vol.1
  • メーカー:トランスコーポレーション
  • レーベル:バーチャルウェーブ
  • 解 像 度:640×480pixel
  • 再生時間:69分58秒

管理人の感想

この作品は、よくキャットファイトカテゴリーに入っていますが、そういう要素はほとんど感じられず、女の子によるくすぐり合戦という感じの作品です。

タイトルが「くすぐり・ファイト倶楽部 Vol.1」となっていて、Vol.2、Vol.3などありそうですが、シリーズ化はされておらず、これ1本のみ。
予定ではシリーズ化しようと思ったのでしょうが、企画倒れだったのでしょうか。

続編が作られなかったんだから、内容がイマイチなのでは?と疑う向きもあるでしょうが、その辺はその人次第といったところ。

事実、レビューなど調べてみればお分かりになるはずですが、満足している方が実に多い。
ただ、その満足している理由の一つに、男が出てこないというのが大きなポイントになっています。

こういった作品の多くは男が出てきて、終いには挿入みたいになることが多いのですが、実はそういうシーンを好まない人は意外に多いものです。

平たく言うと、男が出てくると萎える…。
そういうこと。

かといって、レズもの特にが好きというわけでもない、そういう人は少なくありません。

特にくすぐりカテゴリーで男が出ない作品を探そうと思うとこれは案外少ないので、そういう意味ではこの作品はツボっています。

ただし、進行役というか司会というか、そういう役割の男が声のみで出演してるので、それは予めご承知おきくださいね。
ただ、その司会のおかげというか、全体的にテレビの企画ものみたいな演出がなされていて、陳腐ながらもその辺が功を奏して案外斬新だったりします。(チープさは否めませんがね…笑)

さて、中身ですが、これは集団くすぐりですね、決してキャットファイト系ではありません。
くすぐりの度合いは基本的にソフト中心ですが、中にはなかなかハードなものもありました。
くすぐりの場所も足やら脇やらと、まぁ、一通りバリエーションに富んでいます。

出演する女の子のレベルは、まぁ、等身大というところ。
写真を見ると案外悪くないイメージでしょうが、とりたててすごく可愛いという訳でもなく、決して不細工なわけでもありません。

ただ、この作品に限って言えば、あんまり美形の子ばかりでやられても現実味に欠けるので、まぁ、このレベルの子たちのくすぐり合い・じゃれ合いが、ちょうどよかったようには思いましたね。

作品として全体的に派手さはないものの、なかなか趣の深い映像でした。

ちなみにですね、この作品、先ほどから何度も書いていますが、キャットファイトのカテゴリーだと断然人気の作品です。
ここはくすぐりが基本だから、皆さんどう思うか分かりませんが、違った分野ではとても好まれている作品だということも加味してご覧ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑