Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

セーラー服のJK美少女スパイをとっ捕まえてくすぐり拷問してみた

セーラー服のJK美少女スパイをとっ捕まえて、電マと磔くすぐりで死ぬほど拷問してみたところ、可愛くて弱くて、これまたいい反応でくすぐりに応えてくれるもんだから、おじさん死ぬほど萌えるゎ~♪
松下映像の中でも一二を争う不朽の名作。

美少女スパイ拷問6

  • タイトル:美少女スパイ拷問6
  • 監  督:松下一夫
  • メーカー:松下一夫
  • レーベル:スパイ拷問
  • 解 像 度:640×480pixel
  • 再生時間:38分49秒

管理人の感想

セーラー服着て美少女スパイってww
その有り得ないシチュエーションがさすが松下作品(笑)

今回は、またまた可愛い女子高生スパイをとっ捕まえて、死ぬほどのくすぐり拷問です。
可愛い子がくすぐられるのは何度見てもいいもので、本作品も、繰り返し見てもその度に新たな興奮を覚える萌える映像に仕上げっています。

特に、概ね10分にもおよぶ磔くすぐり拷問は、本作品の中でも最大の見どころ。

よくある十字架拘束でも、今回は手の拘束がきつめなのがいいんですね。左右にかなり引っ張られた状態なので、本人は不自由この上ありません。

そんな状態で拘束された女子高生スパイ、手かせをはずそうと必死にガチャガチャ手を動かしますが、そんなのはおかまいなしに、謎の男(といっても松下監督)が尋問を開始します。

まぁ、尋問って言っても、以下のような他愛もないやり取りです。

♂「おまえがスパイだって事は分かってるんだ」
♀「私がスパイ? どうして?」
♂「しゃべる気ねえのか…」
♀「話すことなんてないもの。」

話すことなんかないって、強気な女子高生も、強がりはここまで。
スカートを大きくめくられてパンツ丸出しになると、急に弱気になるところが、また可愛くて萌えます。

「いやぁっ。やめてよぉっ!!」

なーんて言って顔をそむけるものの、

「それじゃぁな、おっぱいをちょっと見せてもらおうかな。」

女子高生スパイの懇願むなしくブラジャーを剥ぎ取られ、その後多少の展開の後にスカートも脱がされる。
嫌がる女を拘束して着ているものを剥ぎ取っていくのはいつ見ても実にいいものですww

そして、松下監督お得意の電マ攻めがしばらく続き、いよいよくすぐりパートに突撃です。

「死ぬほど苦しいくすぐりの刑にかけてやるよ。」

その一声で、激しいくすぐりが開始されようというのに、この女子高生スパイさんときたら「くすぐりの刑」とか言われてもイマイチピンときてないご様子。

そんなことはお構いなしに、松下監督、いきなりフルスロットルで脇腹のくすぐりを開始します(笑)

これには驚く暇もなく女子高生スパイは絶叫ですww

「んははっ!!やぁっ!、やだやめて~~~っ」

くすぐりのしょっぱなから、実に素晴らしい反応がこの子の耐性の弱さを物語っています。
そう、実にくすぐりに弱いんですね、この子(笑)
弱すぎてこちらは思わず握ったこぶしにチカラが入ってしまいます♪

ほとんど休むことなく激しいくすぐり攻撃は延々と続くのですが、時々一瞬手を止めて… 直後にツンツンってする(笑)
これがまたビクビクッて反応するんだけど、いやぁ~~萌えますね。

とにかく、腋の下から脇腹、そして体の横とランダムに指先でつつくわけですが、くすぐりとはまた違った感覚があるのか「やめてーっ やめて~~!」と体をよじるのが最高!

こうやって、最初から最後までスロットル全開でハードなくすぐり拷問が続くんですが、特に体のヨコんとこが弱点らしく、そこをしつこく責め続けられる女子高生スパイさんのリアクションはすばらしいの一言でした♪

作品自体は新しいものではありませんが、昔はDVDのみの販売で、けっこうお高い作品でした。
高くてもこの手のフェチものは、大枚はたいて買ったものです(^O^)

それに、この作品、とてもいい出来で、今見ても相当な名作だといえるでしょう。
そんな作品が、今はストリーミングで、誰にも知られず安く見られるんですから、良い時代ですね♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑