Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vioiv/public_html/kusuguri-mania.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

女が女をくすぐりまくる!?うらやまし過ぎるこちょくらべww

女の子4人が、じゃれ合うように互いをくすぐり合う作品。全体的にソフトな仕上がりで、松下映像としては異色の映像といえます。
とはいえ、そこはそれ、松下ワールドは健在で、くすぐりフェチのツボを押さえたなかなかの出来。たまにはこういったくすぐりもいいかもww

女性が女性をくすぐりまくり! こちょくらべ

管理人の感想

松下作品ではありますが、一般にイメージする松下ワールドとは趣が異なります。

それもそのはず、まずブルセラなので、いつものように拘束だとか拷問だとか死刑だとか、くすぐりでもそういうシチュエーションではないし、女スパイでもありません(笑)

なんでも、松下塾の塾生さんたちによる作品とのことで、一風変わった仕上がりになっています。
塾生さんによる映像といっても、見劣りするところはなく、作品としての仕上がりは完璧です。

ただ、タイトルにもあるように、「くすぐりまくり! こちょくらべ」ですから、ハードなのがお好みの方にははっきり言って物足りないでしょう。

女の子4人が互いにくすぐり、ふざけ合ってるノリを大切にしたとかで、泣いたり叫んだり激しく悶絶したりというのはありません。

とは言え、3人で1人をよってたかってくすぐるというシチュエーションが4パターンも収録されているわけで、それはそれで大変見応えがあります。

雰囲気がほのぼのとしている割りには、執拗にくすぐるので、見ようによってはある意味残酷でもあります。

事実、一人につき10分以上くすぐられるというのはけっこうきつかったと女優さんもコメントしており、見た目ソフトでも、やっぱち集中的なくすぐりは効くということ。

また、男が出てこないので、そういう意味でも見ていて華があります。

まぁ、その作品のシチュエーションにもよるのですが、時にきたない男が出てきてゲンナリすることってあるでしょ?
そういうのがまるでないのも、見やすくてよかったです。

女優さんも女同士という安心感があるのか、楽しそうなくすぐりじゃれ合い^^

その辺のリラックス感も相まって、全体的にいい雰囲気でソフト且つ執拗な女同士のくすぐりが見られます。

見終わってみると、わりと脚にこだわっているアングルも多いことから、脚フェチの方もかなり楽しめる作品だし、ブルマ、スク水、レオタードのコスプレ要素もあって、案外色んな意味でサービス満点の映像ですね^^

特に、紺のスク水の女の子の反応が良かったのが印象的。
他の3人にくすぐられまくって、笑いまくってましたが、顔を自然と紅潮してくるところなんか見逃すと惜しいところです。

とにかく女の子同士だからという安心からか、互いに抵抗することはなく、くすぐりに身を委ねてるという感じはあまり見られない映像でしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑